ベストドライバーズカー選手権2016 / 一般道編

公開 : 2016.11.19 05:50  更新 : 2017.05.29 18:27

  • ノミネート車両 ■アストン マーティン・ヴァンテージGT8 ■BMW M2 ■BMW M4 GTS ■フェラーリ488GTB ■フォード・フォーカスRS ■ホンダNSX ■ジャガーFタイプSVR ■マクラーレン570S ■マクラーレン675LTスパイダー ■ポルシェ718ケイマンS ■ポルシェ911R

  • マット・ソーンダース(チーフ・テスター) - サーキットのタイムを削ることがライフ・ワーク。スピードが何よりの好物だ。ふだん乗るクルマは、サーキット・ギアの運搬に有利であることが最優先。

毎年恒例、ベストドライバーズカー選手権の時期がやってきた。まずは今年も、有望株揃いのノミネート車をご紹介しよう。

1989年以来続くAUTOCARの一大イベント、ベスト・ドライバーズカー選手権。モデル・イヤー2016の出揃うこのタイミングで、第28回の開催を宣言する。

これまでの優勝車は、初代ロータス・エリーゼからホンダNSX、ランボルギーニ・ムルシエラゴ、ポルシェ968クラブスポーツなど、クラスもキャラクターも様々だ。果たして、今年の栄冠はどのクルマの上に輝くのだろうか。

年間を通じて数多のテストを行う本誌においても、最大規模となるこのスーパー・テストは、そのフォーマットを踏襲しつつ状況に応じた改正も繰り返してきた。その結果は、スーパーカーを愛するユーザーのみならず、いまや自動車メーカーにも無視できないものとなっている。

今年の舞台は、雄大な北ウェールズの地を縫う一般道と、アイリッシュ海の眺めも壮観な島に建設されたアングルシー・サーキットだ。

天候は残念ながら芳しくなく、気温上昇も見込めないコンディション。そんななか、われわれは2日間にわたりスロットル・ペダルを踏み続け、記録、判定、そして議論を繰り返した。これから長丁場にはなるが、その模様を詳しくお伝えしたい。

今回、一堂に会したクルマたちは、読者諸兄を圧倒するような面々だ。ディフェンディング・チャンピオンのフェラーリ488GTBに挑むのは、登場間もないホンダNSXをはじめ、アストンマーティン・ヴァンテージGT8、ポルシェ911R、マクラーレン675LTスパイダー、BMW M4GTS、ジャガーFタイプSVRなどなど10台のスーパースポーツたち。

すべてはドライビングの興奮という評価軸で、もっとも輝かしい栄誉を掴むにふさわしい一台を選び出すためだ。

いよいよ公道テスト

まず、ウェールズの路上に持ちだしたのはアストンマーティン・ヴァンテージGT8だった。本来なら、ここにいるべきだったのはDB11だったのではないかと疑念を持ったのも事実だ。

あれこそ、この数十年でもっとも重要なアストンだと信じて止まないからだ。しかし、わが同僚のマット・ソーンダースは断言する。

「GT8が必要だったんだ。DB11ではなく」。両方とも試乗した彼が言う。「これこそドライバーズカーだ。信じろって」。わかった、そうしよう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記