アウディTT RS vs メルセデス-AMG A45 vs フォード・フォーカスRS

公開 : 2016.12.18 05:50  更新 : 2017.05.29 19:29

アウディの新しいTT RSは安からぬ金額と引き替えに猛烈なスピードを与えてくれるが、それはメルセデス-AMG A45とフォード・フォーカスRSも同様。となれば、どれがベストか知りたいではないか。

走り出す前に、アウディの残念なニュースが。昨年のディーゼル不正から1年少々を経て、今度はガソリン車でも不正プログラム使用が判明した。

ただし、ここでは本題から逸れるので、詳細には触れずにおこう。また、行為そのものを容認することはできないが、矛盾するさまざまな要素を高次元で成立させるよう要求されるエンジニアの苦労は偲ばれる。

容赦ない糾弾は、正義をかざして批判するのが本業のひとびとに任せておこう。

われわれがここで扱うのは、そうした手の込んだソフトウェアとは縁遠い、アウディ・スポーツの作品だ。彼らが上層部から求められるのは、とにかくニュートン力学に抗うこと。つまりは、2トン超の車両重量ながら0-100km/h加速3.7秒をマークするRS6アバント・パフォーマンスのようなクルマの開発である。

そうして徹底的に磨き上げられたTTの新たな最強モデルを、今回は2台のライバルと激突させるわけだ。これまた、スペック表には0-100km/h加速3.7秒の数字が躍る、地上を駆けるロケット・ブースターのようなマシーンである。

この加速性能は、ポルシェであれば4気筒となったケイマンどころか、GT3系を除く911の自然吸気モデルすら凌ぐ。BMWのMモデルにも、TT RSを打ち負かすものはない。なにしろ、フェラーリF430や997世代の911ターボより早く100km/hに到達するのだ。

まったく、信じがたい話だ。

そもそもTTは、典型的なスポーツカーとはまったく異なる。運動性能を追求するなら、ミドシップか、さもなくはフロント縦置きでエンジンを搭載し、後輪を駆動するのが教科書通りの模範解答だ。

ここから多少外れるにしても、多くのメーカーが2駆で十分と見なしてきたクラスではある。アウディはしかし、そこにお得意の4WDを持ち込んだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×