ドライバーズSUV決定戦:前編 ―― アウディQ2 vs 日産ジュークNISMO RS vs ミニ・クーパーSカントリーマン

公開 : 2017.02.18 13:42  更新 : 2021.03.05 18:51

魅力的な小型クロスオーバーは、正直にいって、あまり多くない。真のドライバーズカーがないのだ。今回のクルマたちはどうだろうか。小型クロスオーバーの ‘本命’ を戦わせる。

無味無臭の小型クロスオーバーをミニ・カントリーマンが変える?

暗闇に差した一筋の希望の光、それは新たなミニ・カントリーマンが、われわれ走り重視のドライバーに約束してくれるサムシングだ。

SUV風のクロスオーバー・ハッチバックは、怪しげで魅力のないものばかりだが、それを口に出すのは、はばかられる。なぜなら、数多くのユーザーがそれに飛びついているからだ。

そんな状況を変えてくれるのではないかと期待されるのが、ミニ・カントリーマンの192psユニットを積んだクーパーS仕様だ。

さらにはアウディQ2スポーツと日産ジュークNISMO RSも用意し、スポーティなクロスオーバーを揃えた対戦を実施する。そのグレード名に恥じない実力を、ひとつ示してもらおうではないか。

ミニ・カントリーマンに関するふたつの論争

さて、カントリーマンについては、様々な論争がある。ひとつ、このクルマが一体どのようなジャンルに属するのかだ。日本ではズバリ ‘クロスオーバー’ を名乗るが、むしろこれは一般的なハッチバックのバリエーションなのではないか。

ふたつ、そもそも本当にこの手のモデルが、ミニに必要なのだろうか。そういった数々の疑問が呈されるわけだが、しかし、その答えを問うのは、遠からず実施するロード・テストの日までお待ちいただこう。

ここで検証するのは、ドライバーを楽しませるエンターテイメント性がどれほどあるのか、またこれまでの小型クロスオーバーでは望み得なかった、胸を張れるようなレベルに到達しているのかに絞ろう。

要は、カントリーマンがクロスオーバー・ハッチバックとして満足の行く、楽しいクルマになっているのかを知りたいのだ。


関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×