あなたは賛成? 反対? AUTOCARが選ぶ美しいクルマ(40位〜21位)

公開 : 2017.05.06 06:00  更新 : 2017.06.01 00:20

30位 アルファ・ロメオジュリエッタ・スプリント(1961)


ジュリエッタ・サルーンに先行開発されたモデル。シンプルなデザインが美しい。デザインは、ベルトーネのチーフ・デザイナーであったフランコ・スカリオーネ。

29位 ブガッティ・シロン(2017)


巨大なアーチ状のエア・インテーク、ワイドなノーズ、そして左右に4灯ずつ配されたライトなど、有無を言わさぬ迫力がシロンにはある。また、その2トーンのペイントも特徴のひとつ。

28位 ブガッティ・タイプ35(1925)


ブガッティ史上、最も輝かしい戦歴を収めたタイプ35。ブガッティのシンボルとも言える馬蹄形のグリル、大きくワイドなホイール、ドレインパイプ・エグゾーストなどパーファクトなバランスを持つ。

27位 ランチア・ストラトス(1974)


ワイドなボディと驚くべきショート・ホイールベースのストラトスは、1970年代を代表するウェッジ・シェイプのボディを持つ。いうまでもなく、ラリーの世界において驚くべき成績を残したモデルでもある。

26位 ランボルギーニカウンタック(1974)


もはや説明はいらないだろう。マルチェロ・ガンディーニがデザインした完璧なウェッジ・シェイプのスーパーカー。現代のウラカンアヴェンタドールのルーツとも言えるマスターピース的なデザインだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×