最強セダン一番勝負:前編 ― AMG E63 vs アウディRS7 vs レクサスGS F vs BMW M6グランクーペ

公開 : 2017.05.27 11:00  更新 : 2017.05.29 19:34

メルセデス-AMG E63が、「サウンド」「加速」「ドライビング」の3カテゴリーで、それぞれのエキスパートと戦います。前編は、サウンド対決。レクサスGS Fとどっちがいい音なのでしょうか。

▶ 「中編」はこちらをクリック!

▶ 「後編」はこちらをクリック!

今回のテストはひと味違う

612psのメルセデス-AMG E63 S 4MATIC+は、先行するスーパー・サルーンたちを打ち負かせるだろうか。それを確かめるべく、「AUTOCARトライアスロン」をここに初開催する。

AMGのメタリックなレッドに塗られたEクラスを目にして、何かに似ていると思った。そう、「アイアンマン」だ。映画にもなった、アメコミのキャラクターである。


「アイアンマン」といえば、トライアスロンの一番きつい種目の呼び名でもある。3.8km泳いで、180km自転車を漕いで、最後に42.195km走る。それを休憩なしのぶっ続けでやろうというのだから、正気の沙汰とは思えない。

出場しようと誘ってくる友人がいなかったことに感謝したい。もっとも、誘われても答えは「ノー」だ。それを周りがわかっているから声が掛からなかったのかもしれない。そうであれば幸いである。

ただし、その3種競技というフォーマットを、クルマのテストに当てはめたら面白いものになるのではないか。ハイパーEセグメントの新顔であるE63 S 4MATIC+を、ライバルたちと、それぞれの得意分野で勝負させるのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事