まるで天国 英国一の「セレブ専用」高級地下ガレージに潜入

公開 : 2017.06.24 19:30  更新 : 2021.01.30 21:59

ロンドンの閑静な一角。その地下にひっそりと、カバーをまとった高級車たちが眠っています。フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレン……まるで天国のよう!

text:John Evans(ジョン・エヴァンス)

足元に広がる宝箱、「バットケイブ」

バットケイブ、と例えられるそこには、驚くようなクルマたちが所狭しと並ぶ。そして、きっとその上を行きかうひとびとは、自分の足元にそれがあることを知らない。まさに、ヒーロー物の秘密基地になぞらえるのがふさわしい空間だ。

正確な場所はお伝えすることはできない。ロンドン中心街の地下にあり、分厚い壁で人目を避けていると言うのみだ。

幸運にも、われわれはその一辺にあるドアの内側へ立ち入ることを許された。案内役がセキュリティコードを打ち込み、扉が開くと、そこには洞窟に眠る秘密の宝物のごときクルマたちがズラリと並んでいた。

蛍光灯に白く照らされた床には染みひとつ見られず、クルマはそのほとんどが同じ銘柄のカバーに覆われている。空調も完備され、室温は常に15℃に保たれているという。

ざっと100台ほどのクルマたちは、カバー越しに浮き上がらせた魅力的なボディラインで、その正体がうかがえるものばかり。

まずはマクラーレンP1とケーニグセグ・アゲーラが1台ずつ、ポルシェ918が2台。跳ね馬のバッジが見えずともそれとわかるフェラーリの群れには、ラ フェラーリや512BB、ディーノ246GTも確認できる。

DB3やDB5、DB6といったクラシックモデルも含め、アストン マーティンも多く、XJ220やXK120といった貴重なジャガーと枕を並べている。

ポルシェ911GT3に至っては7台、ブガッティ・ヴェイロンでさえ2台あり、むしろそれより価値のある戦前のブガッティも1台ならず見受けられる。

ロールスロイスやベントレーもまた同じ。また、そうした超高級車以外に、ちょっと珍しいものにも対面した。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事