デモラン後、そのまま入札 オークションをサーキットで RMサザビーズ・ギカス・コレクション解説

公開 : 2021.12.27 20:35  更新 : 2021.12.27 22:11

珠玉のレーシング・マシンを収集していたカーコレクションが競売に。その舞台は仏ポールリカール・サーキットで、入札前にデモランを行うという驚きの演出でした。

フランス有数のコレクションが放出

撮影:RMサザビーズ

ル・マンを始めとする耐久レースで活躍したスポーツ・プロトタイプ・マシンとGTマシンを中心に、さまざまなレーシング・マシンを収集していたギカス・コレクションが放出されることになった。

セールを依頼されたRMサザビーズは粋な演出を図った。

(上)今回の主役「ルノー・アルピーヌA442」。現在はカーナンバー「2」の塗装をされているが、この個体自体は1978年のル・マンにナンバー「3」で出走。ルノーによれば、レースを終えたあと、プロモーションのために優勝車両の番号である「2」に再塗装されたという。(下)そのアルピーヌを上回る高額を記録したのがフェラーリのレーシングマシン「フェラーリ575GTC」。
(上)今回の主役「ルノーアルピーヌA442」。現在はカーナンバー「2」の塗装をされているが、この個体自体は1978年のル・マンにナンバー「3」で出走。ルノーによれば、レースを終えたあと、プロモーションのために優勝車両の番号である「2」に再塗装されたという。(下)そのアルピーヌを上回る高額を記録したのがフェラーリのレーシングマシン「フェラーリ575GTC」。    Peter Singhof/Paolo Carlini

それはレーシング・マシンが多いことから、オークションの会場を南仏にあるポールリカール・サーキットとしたのである。

このオークションの凄いところは、サーキットが舞台というだけではなく、出品車両が入札前にコースを実際に走るという素晴らしい演出がなされたこと。

レーシング・マシンが22台と、レアモデルが揃うロードカーが54台。レーシング・マシンンのスペアパーツやエンジンなどが10アイテム用意された。

今回の主役は1976年ルノー・アルピーヌA442だ。

アルピーヌA442とは

1978年のル・マン24時間レースでデレック・ベルとジャン=ピエール・ジャリエが乗り優勝候補だったが、ギアボックストラブルにより惜しくもリタイアした個体。

この年はディディエ・ピローニとジャン・ピエール・ジョッソーがドライブしたA442Bが、ポルシェを下してルノーにとって初となるル・マン24時間の総合優勝を勝ち取った。

また、スクーデリア・ベランコートが製作した1981年フェラーリ512 BB/LM は、独自のスタイリングを備える貴重な1台といえる。

このほか1976年TOJ SC304、1978年ローラT298、2012年ローラB12/80 IMSAが並んだ。

GTマシンでは当時のワークスチームだったトム・ウォーキンショー・レーシングから1993年のル・マンに参戦した1993年ジャガーXJ220C LMが姿を現した。

最高値は、フェラーリ575GTC

このほかフェラーリは575GTC、458GTD、430GTC、360チャレンジが出品。

さらに、2001年ポルシェ996ターボSCCA、2002年リスター・ストームGT、2007年アストン マーティンDBRS9、2012年アウディR8 GT3と幅広く用意された。

1976年ルノー・アルピーヌA442は、2億9315万円で落札された。
1976年ルノー・アルピーヌA442は、2億9315万円で落札された。    Peter Singhof

コレクションにはF1マシンもあり、1977年マーチ771、1990年アローズA11B、1999年プロストAP02エンジンレス(エンジンを含むスペアパーツ1台分は別に出品)が並んだ。

またクラシックモデルでは、1967年ローラT70 Mk-III、1967年ホルマン・ムーディ・フォードのほか、1970年ヒューロン4Aといったマイナーなモデルまで姿を見せる。

幅広いモデルが用意されたレーシング・マシンだが、最低落札額の設定はなかった。

終わってみれば全車が落札され、最高値を記録したのはフェラーリ575GTCだった。

フェラーリ575GTCが評価されたワケ

主役だったルノー・アルピーヌA442は健闘したものの2億9315万円にとどまる。

同時に出品されたシリンダーヘッド、ブロックを始めとする膨大な数のスペアパーツ・セットは3120万円で落札されている。

フェラーリ575GTCは最後のファクトリー製12気筒レーシングGTであることが評価され、アルピーヌのル・マンカーを上回る3億4434万円まで値を上げた。

もう1つのル・マンカーであるジャガーXJ220 C LMは、いまひとつ入札が伸びず1億742万円で終える。スクーデリア・ベランコートのフェラーリ512BB/LMは、人気を集め2億5659万円を記録した。

F1マシンは人気モデルではなかったため、マーチ771が4087万円、アローズA11Bは2093万円、プロストAP02は2243万円で、エンジンやモノコックを含むスペアパーツ・セットは507万円で落札された。

記事に関わった人々

  • 執筆

    上野和秀

    Kazuhide Ueno

    1955年生まれ。気が付けば干支6ラップ目に突入。ネコ・パブリッシングでスクーデリア編集長を務め、のちにカー・マガジン編集委員を担当。現在はフリーランスのモーター・ジャーナリスト/エディター。1950〜60年代のクラシック・フェラーリとアバルトが得意。個人的にもアバルトを常にガレージに収め、現在はフィアット・アバルトOT1300/124で遊んでいる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事