新ロールス・ロイス・ファントム発表 新ツインターボV12 48V化 予想価格5193万円

公開 : 2017.07.28 07:00  更新 : 2017.07.28 07:03

インテリア

前後ドア:パワードドア
後席ドア:後ろヒンジ式
ガラス:二重ガラス構造、厚さ6mm


くわえてデッドニング素材を、室内だけでも合計130kg使用し、外界から切り離された空間を提供するという。100km/h走行時の騒音レベルは60dBも改善された。

また、「スクリーンはすべて隠しました」とロールスが語る通り、ヘッドアップ式のディスプレイが標準採用となった。

また、ダッシュボードの表面は初めてガラス張りとなり、助手席側にはカスタマーの要望に応じたアートワークが施されるという。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事