ルノー・ゾエe-sport、「EVホットハッチ」の未来を示唆 試乗記

公開 : 2017.07.30 20:10

内外装をじっくり観察

アグレッシブな外観は、標準のゾエよりも空力を追求した結果である。フロント・エアダム、フラットな車体底部、フォーミュラEに触発されたリアディフューザーやカーボンファイバー製のリアスポイラー等である。

内装は、レカロのバケットシート、ハーネス、電子機器類が装備され、レーシングカーそのもの。しかし、電子機器類は後部に上手く隠されているため、その存在を垣間見ることはできない。

不要なものが剥ぎ取られたキャビンをみると、このクルマは相当軽いのではないかと察するが、床に位置するふたつの20kW/hリチウム・イオン・バッテリー・パックが450kgと重いため、総重量は1400kgにも達する。

しかし、十分なトルクで、ゾエ e-sportは100km/hに到達するまで3.2秒を要するに過ぎない。さらに驚くことには、200km/hに到達するまでに10秒かからない。これは、ポルシェ911ターボSよりも速いことを意味する。

圧倒的で、ギアチェンジの不必要な加速と、ホットハッチの未来がどんなものかを探るために、われわれはヴィエンヌ・サーキットへ出向いた。この素敵なサーキットは、リオンの南東約56kmのオートサボア・ローヌ・アルプの丘に造られている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ルノーの人気画像