日産370Z NISMOデビュー

公開 : 2013.01.22 15:19  更新 : 2021.03.05 18:51

日産は、370ZのNISMOバージョンをデビューさせた。この370Z NISMOは、夏頃から発売される予定で、よりパフォーマンスの向上を目指したモデルとなっている。

トルクの数値は変わらないが、そのトルク・カーブは改善され低回転域が厚くなっている。また、3.7ℓV6エンジンのマキシマム・パワーは324bhpから335bhpにまで上げられている。そのパフォーマンスがどれほど上がっているかは公表されていないが、スロットル・レスポンスも鋭くなっている。

空力的なボディ・キットも専用で、ダウンフォースはGT-Rと同じぐらいになるとされている。大きなリア・ディフューザー、2本の統合されたエグゾースト、固定リア・ウイング、広くなったサイド・スカートと、新たに取り付けられたフロントおよびエンド・スピリッターなどが標準モデルと異なるところ。

ホイール、タイヤは19インチに、フロントが245/40、リアが285/35のブリヂストン・タイヤを履く。

サスペンションは標準モデルよりも10mm低くなり、スプリングとダンパーが専用のものとなっている。また、ブレーキも大型化されている。

インテリアは、NISMOスポーツ・シートと、アルカンタラのステアリング・ホイール、そして赤と黒のトリムなどが施されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事