ランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオ・エボ登場

公開 : 2017.09.21 12:30

ランボルギーニ・ウラカンのGTレーサー新型車が発表されました。その名も、「スーパートロフェオ・エボ」。 ウラカン・スーパートロフェオの3年目の進化をレポートします。

もくじ

ウラカン・スーパートロフェオ・エボとは?
セントラルフィン新採用
モンツァのラップタイム 1.5秒更新

ウラカン・スーパートロフェオ・エボとは?

ランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオ・エボが発表された。

3年前にローンチされたウラカンLP620-2スーパートロフェオの進化版となるモデルで、同社のワンメーク・レース用マシンとなる予定だ。また、GT選手権カテゴリーのエントリーにも適合した車両だと考えられる。

ランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオ・エボ

最大の変更点は、エアロダイナミクス・パッケージのアップデートだ。ダウンフォースは従来のものから変更ないが、ドラッグは8%低減。これにより全体的なパフォーマンスが高まり、ラップタイムの向上が期待されている。
 

関連テーマ