シトロエンC3新型 構成シンプルながら仏らしく 1.2ガソリンも十分 日本試乗

公開 : 2017.10.07 10:40  更新 : 2021.03.05 21:43

C3、ワインディングの走りを検証

ならば、高速道路を走った末に待つワインディングロードはどうかというと、C3はここでも意外なほど心地好いフットワークを披露してくれた。シトロエンが昔から得意とする、ボディを適度にロールさせながら執拗に路面を掴み続けるスタイルで、オンザレール感覚のコーナリングを味わわせてくれるのである。

試乗車は標準サイズの16インチタイヤを履いていたが、以前試乗した17インチ装着車と比べるとステアリング切り初めのレスポンスはややマイルドな印象をうける。けれどもその一方で乗り心地は、あらゆる路面において明らかに17インチよりいい。試みに座ったリアシートも、トーショナルビームに有りがちな突き上げがないのが好ましく思えた。

その際には、決してクイックではないが確実な反応を示すステアリングと、ドライバーの操作に対してリニアな効きを示すブレーキも、頼れる武器になる。試乗の後半、高原のワインディングで雨に見舞われたが、C3はそこも危なげなく駆け抜けて見せた。

見た目は平板だが、意外と確実に身体をホールドするフロントシートは、長時間座り続けても尻が痛くなることもなく、見た目以上にいいシートだと思った。その一方で、リアシートはバックレストがやや立ち気味なのが少し気になったほか、レッグルームも大人に充分な空間は確保されているものの、想像するほど広くはない。

最後にちょっと燃費について書くと、蓼科からの帰路、南諏訪ICまでの一般道と中央道、それに東京神奈川周辺の一般道を含んで、およそ16km/ℓというところだった。総じて、1.2ℓのダウンサイジングターボ搭載車というスペックから期待するほどの好燃費ではないといえるが、快適な走りの対価としてはまずます順当といえるかもしれない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

シトロエンの人気画像

×