比較試乗 アストン マーティンV8ヴァンテージ vs ポルシェ911(997) 前編

公開 : 2017.11.23 00:00  更新 : 2017.11.23 01:40

考え得る「必要最小限のクルマ」

ドイツ生まれのベッツが語るとき、アクセントのある単語はまるでフォルテシモでピアノを演奏しているように力強くなる。

そしてアストン マーティンのプロダクトについて話し始めると、彼の語り口は英国のネイティブスピーカーより明瞭、かつ流暢になっていく。

「V8ヴァンテージのメカニカル・レイアウトは2シーターのV8クーペとして、まさに理想的なものです」と彼は力強く説明する。

「エンジンはホイールベースの内側に納まり、しかも低くマウントできるので、重心を低く採れます。開発陣はノーズに充分なクラッシュエリアを確保する必要がありましたし、電子制御に頼らないナチュラルなスタビリティも欲していた。さらに乗車位置の自由度も上げたかったのです」

ベッツはV8ヴァンテージの話が盛り上がっていくにつれ、次第に911のことを交えて話すようになってきた。

「V8ヴァンテージは必要以上に大きくはありません。911も初期の頃は本当に必要最低限のボディサイズしかありませんでした。言うなれば、水平対向エンジンを搭載して、良好なドライビングポジションを得るのに必要なだけの構造体です」

「しかしその後、より豪華に安楽にするために、だんだんと大きく幅広くなっていったのです。少なくともわたしはV8ヴァンテージの寸法をそういう目的を重視して決めたくはありませんでした」

「全長はV8エンジンをマウントして最小限のキャビンを確保するのに必要なだけあればいい。幅はホイールを配置したい位置によって決める。V8ヴァンテージはわれわれが考える必要最小限のクルマと言ってもいいでしょう」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×