日産マイクラ 英仕様に1.0ℓ直3自然吸気 価格さげるが力不足 試乗記

公開 : 2018.01.10 11:10  更新 : 2021.03.19 11:28

どんな感じ?

パワー不足が露呈 中速に向く

われわれは第5世代のマイクラを気に入っており、ロードテストを行った際には、その活力あるデザイン、とてもバランスの取れたドライビング・ダイナミクス、そしてレベルの高い装備品を称賛した。

ただし試乗車はターボ・エンジンだった。悲しいかな、パフォーマンスが最高というわけではなかった。そして、同じことが今回の試乗車にも当てはまる。

自然吸気エンジンの場合、1ℓの排気量では小さすぎてまったくの力不足だ。ハイウェイの快適走行に欠かせない力強さもなく(風の抵抗にも早々にお手上げだ)、市街地では発進時のトルクが足りない。

この1ℓのマイクラは、邪魔されずに中くらいのスピードで定速走行するのに適したクルマだということになる。

そのような状況ではエンジンは洗練されており、運転スタイルを慣性走行モードに切り替えればそこそこ力強くもある。5速のマニュアル・ギアボックスはシフトも軽く、タッチも明確なので、最大トルクを発生する3500rpm付近にエンジンをキープすることは簡単である。

しかし、ピークパワーはなんと6300rpmで発生する。このエンジンをそんなに回すことはスムーズでもないし意味もない。追い越しをする場合には、このことをしっかりと頭に入れて、周囲の交通状況に十分な注意を払い、前もって周到に準備をする必要がある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

日産の人気画像

×