メルセデスEQ C 初撮り AMG GLC43並みのパフォーマンス

公開 : 2018.01.18 12:30

新エレクトリック・システム 車室拡大に貢献

メルセデスEQ C

プラットフォームは、新開発のEVA(エレクトリック・ビークル・アーキテクチャ)で、熱間成形高張力鋼とアルミニウムから構成されている。

ドライブラインのトルクを前100%〜後100%まで分配可能なワイヤリング・ルームシステムを採用。シャフト・トンネルが不要となるため、キャビンスペースの拡大が見込まれる。

メルセデスEQ C

EQ Cの重量は2t程度という予想だ。しかし、モーター特有のトルク特性により軽量なモデルに負けない加速力が期待される。
 

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事