ホンダ・シビック・タイプR vs アバルト124スパイダー 比較テスト

公開 : 2018.01.30 16:10

サソリを冠した正統派スポーツカー

アバルトはといえば、もちろん全く違うタイプのクルマだ。共通点を探すなら、4気筒ターボと二輪駆動、6段MTくらいのものだ。

ご存じの通り、マツダロードスターの設計をベースに、フィアットのエンジンをフロントに縦置きするFRレイアウトの2座オープンカーである。また、日本で生産されながらも、欧州を代表するチューナーのバッジを与えられるピュアスポーツカーだ。

そしてアバルトには、シビックのようなクルマでは太刀打ちできない本質的な正義がある。

視認性重視の高い座面にすっかり馴染んだ今日において、タイトなコクピットで地面に近く座り、最低限の操作系にのみ囲まれる環境が、容易に楽しさを得られるものだということを忘れがちだ。

その点、アバルトなら走り出す前から、スポーティで走りに特化したフィールを感じられる。出自は日伊合作だが、まるで純血のサラブレッドのように思えるクルマだ。

エンジンをかけても、その思いはさほど変わらない。

ホンダユニットは、美しくさえずるわけでもなければ、たいていの場合でアバルトのオーナーに対する尊大な気持ちが湧いてくることもない。

マツダがMX-5に積んで、これより5000ポンド(約75万円)も安く売る2.0ℓ自然吸気ユニットの方が素晴らしく思えることさえ、何度となくあった。

対するアバルトは、この対決にふさわしいデバイスだろうか。まず、そのギアボックスは素晴らしく、シビックを遥かに引き離す。

また、絶対的な軽量さや、前後等分に近い重量配分によるダイレクト感も秀逸で、前後方向に見れば挙動のほぼ中心にあるシートポジションも好ましい。

とはいえ、乗り心地は及第点程度で、ステアリングにはMX-5に見られたようなフィールがどことなく欠けている。そしてエンジンは、小排気量ターボであることを絶えず感じさせられるものだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ホンダ シビックの人気画像

×