ホンダ・シビック・タイプR vs アバルト124スパイダー 比較テスト

公開 : 2018.01.30 16:10

敷居の高いアバルト、低いシビック

早い話、2台を比べると、シビックの方がやや鈍く感じられるのだ。これは、320kgの重量差が少なからず影響しているように思える。

タイプRが最善の状態を取り戻したと実感するには多少の時間を要するが、その領域に入ると、それがあまりインタラクティブな経験ではないと思い知らされることとなる。

クルマと対話することより、その性能に驚嘆させられることの方に、楽しみが由来しているのだ。現実感が薄いというわけではないが、重さと前輪駆動がもたらす制約は、アバルトでは感じずに済む類のものでもある。

ただ、それと引き換えに得られるものも大きいので、勝敗を決する前にそれを考慮してみよう。どちらが楽しいかというなら、それはアバルトの方だ。ただし、シビックでは到達しえないようなクルマとの対話を楽しむためには、かなりハードに走らせなければならない、という問題も孕んでいる。

対照的にシビックは、常に楽しみを味わい続けることができる。コーナリングが、アスファルトを切り裂くような馬鹿げた速さであろうが、一般的なハッチバックで考えられる程度の速いペースであろうが、これは申し分のないパフォーマーだ。アバルトの能力は深いが、こちらは同じくらい広さをみせる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ホンダ シビックの人気画像

×