アウディR8 RWS試乗 リアドライブ化で価格は安く、懐は深く

公開 : 2018.03.09 11:10  更新 : 2018.03.09 16:38


最高のパワートレインは不変

R8 RWSは現行のR8の中では最高出力が最も低く設定されている。

それでも自然吸気V10 5.2ℓエンジンの最高出力は540psに達し、7速Sトロニック・デュアルクラッチと組み合わされている。このカテゴリーにおいて道標とも言える、最高のパワートレインであることは、後輪駆動となっても変わりない。

なお、マニュアルは設定されていない。

一方で、サスペンションは異なり、残念ながら可変のマグネティック・ダンパーが選択できなくなってしまった。

クルマのハードウェア自体は、ホイールのサイズが下げられた以外、クワトロ仕様と基本的に同様。ただ、R8 RWSのニュルブルクリンクでのテスト走行時に、高速コーナーでオーバーステア傾向なことがわかり、調整が加えられている。フロントのスタビライザーを強化し、リアホイールのネガティブキャンバー角も強められた。さらに、タンパー自体も、意外なことにクワトロモデルより硬めに設定されている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事