マツダとトヨタ、アラバマに合弁新会社「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.」設立

公開 : 2018.03.09 12:42

マツダとトヨタは、アラバマに合弁新会社を設立しました。両社が折半出資で約16億ドル1710億円を投資し、4000名近くの従業員を雇用します。マツダが北米市場に新導入するクロスオーバーとトヨタのカローラを15万台ずつ生産する予定。

約16億ドル(1710億円)投資 約4000名雇用

マツダとトヨタは、米国アラバマ州ハンツビル市において2021年より完成車生産を行う合弁新会社「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.」(以下、MTMUS)を設立した。

両社が折半出資で約16億ドル(1710億円)を投資する新工場は、4000名近くの従業員を新たに雇用し、2021年の稼働開始以降、マツダ/トヨタ向けの各生産ラインで、マツダが北米市場に新導入するクロスオーバーモデルとトヨタの「カローラ」を15万台ずつ生産する予定。

MTMUSのトップに就任するマツダ執行役員の相原真志は、「わたしたちはMTMUSを、地域の皆様から末永く愛される工場にしたいと考えています。マツダとトヨタの技術や企業風土などの強みを融合させることで、高品質なクルマを生産するだけではなく、従業員が働くことに誇りを感じる工場をつくり、地域経済ならびに自動車産業のさらなる発展に貢献してまいります。そしてMTMUSで製造されたクルマが、移動手段の枠を超えて、お客様のライフスタイルをさらに彩り豊かにする存在になるものと願っています」と述べた。

MTMUSの代表取締役副社長となるトヨタ常務理事の籠橋寛典は「トヨタの11カ所目の米国生産拠点となるMTMUSは、わたしたちの米国への継続的なコミットメントを象徴するだけではなく、米国生産事業の競争力向上のカギとなる工場です。トヨタとマツダのモノづくりに関する知見を持ち寄り、合弁事業のシナジーを生み出すことで、高い競争力を誇る工場を実現し、お客様に優れた品質のクルマをお届けしていきます。そして、ホームタウンの方々から愛される『町いちばん』の工場づくりに取り組んでまいります」と語った。

今後、アラバマ州とハンツビル市の協力のもと、合弁新工場敷地の造成を進め、2019年以降、本格的な建設を進めていく予定。