コンパクトSUV、何を買うべき?(1) 予選ラウンド 前編

公開 : 2018.03.11 08:10  更新 : 2021.03.05 21:43


同ジャンルでも小さからぬ差

そうした要素のすべてを、今回の7台どれもが備えているというわけではない。もしくは、必ずしも理想的なバランスではないというべきか。

今回は最大限興味深いテストをお届けしようと、できるだけ新しいモデルを集め、コンパクトSUVクラスにおいてサイズやデザインのバリエーションを多彩に取りそろえた。全長でいえば、最長のDS7クロスバックと最短のアウディQ3では30cmほど、全高は最高のフォード・クーガと最低のアウディQ3で15cmほどの差がある。

価格帯や出力をなるべく揃えようとしたのだが、車両の都合がつかなかった部分もある。170~190psで4WDのAT車を想定したが、フォルクスワーゲンが用意したティグアンは150psの2.0ℓディーゼルにMTを組み合わせた仕様だ。また、DS7クロスバックは、プラグイン・ハイブリッド仕様を設定するまで4WDを選べない。

BMWは、条件にマッチするX1 xDrive20dではなく、xDrive25dしか用意できなかった。だが、ボルボXC40のファースト・エディションやアウディQ3ブラック・エディションと価格的には釣り合い、なにより231psは魅力的なので、喜んでこの一団に加えることとした。

予選の後編で、4台をふるいにかける。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記
×