アルファ・ロメオ4C、インテリアを公開

公開 : 2013.02.26 12:03  更新 : 2017.06.01 01:47

ジュネーブ・モーターショーで発表されるアルファ・ロメオ4Cのプロダクション・バージョンのインテリアが初公開された。

コンセプト・モデルとは大きく異なり、ミトやジュリエッタと共通のデザインも見受けられる。そのレイアウト、マテリアル、そして特徴は「最大限にドライビングを満足させるためにデザインされた」ものだとアルファ・ロメオは主張する。

ダッシュボードとドアパネルは、アスファルト・ルックを持ち、コンポジット材で形成されるシートは、ベストなドライビング・ポジションを約束するという。ダッシュボードはシンプルでクリアなデジタル・インストルメント付きで、パドル・シフトが標準となる。ペダルとフットレストはアルミニウム製だ。

この1,000kgを切るアルファ・ロメオ4Cは、1.7ℓのターボ付きエンジンが搭載され、50,000ポンド(700万円)以下の値付けがされる予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事