MGアルパカ・パワー 脱・環境破壊……なのか エイプリルフール(3)

公開 : 2018.04.02 07:10

MGから「4月1日付け」で誰も想像しなかった環境テクノロジーが発表されました。赤いクルマの隣にたたずむ見覚えのある動物。クルマの未来が、アルパカに掛かっていたなんて、信じられない(信じていません)。

「アルパカ・パワー」 なんとも気の抜けた響き

MGは、4月1日付けで、排出ガスによる環境破壊をただちに解決する新テクノロジーを発表した。キーとなる技術は、バッテリーでも、モーターでもなく、アルパカ。そう、動物の。

MGの技術陣によれば、アルパカの排泄物を燃料にするということらしい(開いた燃料口の青いシールをよくみると、アルパカのマークがついている)。


「MGは、英国におけるディーゼル車の販売から撤退しました。今回の発表は、わたくし共が前へと進んでいく第1歩になり、ロー・エミッション・ビークル向けの代替燃料を提案するものです」

CO2排出量を減らすのかもしれないが、果たしてテールパイプからどんなものが出てくるのだろう。それを想像すると、このクルマの後ろだけは走りたくない。

関連テーマ

人気テーマ