カーレビュー

2018.03.11

コンパクトSUV、何を買うべき?(2) 予選ラウンド 後編

アウディQ3/BMW X1/DS7/フォード・クーガ/マツダCX-5/VWティグアン/ボルボXC40

テスト日 : 2018年02月28日

文・マット・ソーンダース 

編集部より

7台のコンパクトSUVによるグループテスト、予選ラウンドは各車の顔見世に続き、いよいよ実車の検分に入ります。いずれ劣らぬ人気モデルが居並ぶ中、決勝に進む3台はどのクルマになるのでしょうか。

もくじ

予選・前編
時代の寵児・コンパクトSUV
人気急上昇ジャンルの今を探る
予選ラウンドは冬の雨の中で始まった
同ジャンルでも小さからぬ差

予選・後編
インゴルシュタットに不都合な事実
一長一短のインテリア
4台が予選敗退

インゴルシュタットに不都合な事実

まずは予選ラウンドだ。ラゲッジスペースや後席の広さと快適性、運転環境や質感、装備内容や使い勝手、ラグジュアリーなフィールなどを徹底的に検証。それから走りを検分するが、とくにハンドリングのスタビリティや扱いやすさ、快適性と洗練性に注目し、その上で期待以上の運動性能のようなボーナスポイントを加味する。すると、走りのチェックに入る前に、7台中2台はそれぞれ問題が見つかった。

大概においてはいずれのクルマも、小型ファミリーカーを上回る実用性と荷室の広さを持ち合わせているが、大型SUVに広さでは及ばない、といったところ。ただし1台だけ、インテリアがタイトで、セアト・アテカや日産キャシュカイといったクロスオーバー・ハッチバックと比較した方がよさそうなモデルがあった。

それは、アウディQ3だ。前席はそれほどでもないが、頭上のゆとりは少なく、視界を求めてシートを高めようにもその余地は少ない。後席に大人が座ろうとすればもっと窮屈で、身長185cmの乗員ではヘッドルームが不足し、脚は拡げないと前席に膝がつっかえる。どのクルマもフル5座としては十分な快適性を提供できるサイズではないが、Q3の狭さは顕著だ。ラゲッジルームについても、一般的な5ドア・ハッチバックを下回る。

不満は広さだけではない。つくりは極めてソリッドで、仕上げも上々なのだが、見た目は個性が感じられなかったころのアウディの極端な例を思わせる。トリップコンピューターやヒーターの操作系、インフォテインメント系のコンソールなどは、先々代A4を思い起こさせる古臭さ。A3のようなデジタルメーターや豪華な仕立てが与えられれば、Q3はセールスマンがもっと売りやすいクルマになったはずだ。

next page一長一短のインテリア

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ