TVRの名がル・マン復帰 スイスのレベリオン・レーシングを支援

公開 : 2018.04.05 17:10  更新 : 2021.02.17 17:44

TVRのル・マン復帰は、レベリオン・レーシングとのスポンサーシップという形になります。カテゴリーはトップクラスのLMP1。マシンは、オレカR-13LMPです。ドライバーには、ロッテラー、セナの名が挙がっています。

レベリオン・レーシングTVR誕生

TVRの名が、耐久レースの最高峰に帰ってくる。

カテゴリーは、FIA世界耐久選手権(WEC)とル・マン24時間。レベリオン・レーシングとパートナーシップを結んでの参戦となる。

チーム名は「レベリオン・レーシングTVR」で、マシンはオレカR-13LMP。スポンサーとしての参戦になるものの、本コラボレーションで得られるノウハウは、公道向け/レース向けを問わず将来のマシンにフィードバックされるという。


TVRを率いるレス・エドガーCEOは、「TVRを復活させたとき、レース界への復帰も必要になると思っていました。今回のパートナーシップにより目標を達成することができたわけです。それによりテクノロジーやオペレーションのノウハウがもたらされ、今後登場するロードカーや将来的なレース活動に反映されることになるでしょう」

レベリオンのLMP1マシンには、アンドレ・ロッテラー、ブルーノ・セナ、ニール・ジャニらトップドライバーが乗る予定になっている。

なお、AUTOCAR JAPANでこの記事をご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『レベリオン・レーシングTVR』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

TVRの人気画像