レクサスLC「ストラクチュラルブルー」 日本販売累計50万台

2018.04.05

レクサスのフラッグシップ・クーペ「LC」に特別仕様車が登場しました。「ストラクチュラルブルー」というネーミングで、南米に生息するモルフォ蝶の羽に着想をえたレクサス独自カラーがポイント。内装も専用色を用意しています。13枚の画像でご紹介!

モルフォ蝶の羽から着想 「構造発色」とは?

レクサスが、2018年3月末時点で、国内における累計販売台数が50万台を達成した。2005年に国内でレクサスを販売開始して以来、13年目の達成で、現在では11車種を展開している。

その50万台達成の記念モデルとして、レクサスLCの特別仕様車「ストラクチュラルブルー」が発売された。


本特別仕様車は、LC500h/LC500 Lパッケージをベースに、独自の技術により開発した外板色ストラクチュラルブルーと、2種類の内装色を設定。

ストラクチュラルブルーは、南米に生息するモルフォ蝶の羽から着想を得た「構造発色」という原理のレクサス独自色。モルフォ蝶の羽は無色だが、光を受けると特定の波長だけが反射・強調される構造になっているため、人間の目には青く輝いて見える。レクサスは、15年の開発期間を経て、この原理を再現した自動車用の構造発色性顔料を生み出したという。
 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

レクサスの人気画像