新型メルセデス・ベンツAクラス A180d AMGライン試乗 評価は?

公開 : 2018.04.19 11:50

「買い」か?

AMGはどんなアプローチをとるのか

AUTOCARは、評価基準にまずハンドリングをあげることが多い。今回もそれに倣うならば、残念ながら、このクルマは非常に良いドライバーズカーとは言えない。

メルセデスがステアリングを改善しない限り、ドライビングエクスペリエンスは妥協が必要だろう。

AMGが300ps超のA35や400ps超のA45を2019年に出す際にどのようなアプローチをしてくるのか非常に気になるところだ。

そして、知ることができたことと同じくらい多くの疑問が生まれてしまった。そのひとつはリアのトーションビーム式サスペンションだ。そしてエントリーグレードのインテリアはどうなのか? 他のエンジンはどうなのか? そして音声認識の信頼性の低さ。このあたりはいずれ確かめることができるだろう。

わたしは去り際にこのクルマの良さ以上にどれほど改善可能かを考えてしまった。ただ勘違いしないで欲しいのは、すでに非常に良いクルマだということだ。

多くのユーザーはステアリングやブレーキのフィーリング、そして気だるいディーゼルについてさほど気にしないだろう。だがわたしや、AUTOCAR読者たちにとっては気になるはずだ。

ただし、いくつかの欠点だけを元にすべてを否定するわけにはいかない。多くの分野において、このAクラスはハッチバックの新たなスタンダードとなるだろう。

現時点では、良い点だけを見ることにしよう。それは史上最も最新技術を満載し、静かで、快適で、豪華なファミリーハッチだということだ。

メルセデス・ベンツA180d AMGラインのスペック

価格 2万8280ポンド(431万円)
全長×全幅×全高
最高速度 203km/h
0-100km/h加速 10.5秒
燃費 24.4km/ℓ
CO2排出量 111g/km
乾燥重量 1445kg
パワートレイン 直列4気筒1461cc
使用燃料 ディーゼル
最高出力 116ps/5000rpm
最大トルク 26.5kg-m/1750rpm
ギアボックス 7速デュアルクラッチ

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記