2018フォード・フォーカス 初試乗 運転の楽しさ健在

公開 : 2018.07.04 10:30  更新 : 2018.07.04 10:30

新型のフォード・フォーカスに試乗しました。運転の楽しさは、グレードにもよりますがあいかわらずクラス随一です。上位グレードに装備される独立式リアサスがおすすめです。さらに、室内空間は拡大し、機能性とコネクティビティも向上しています。

もくじ

どんなクルマ?
運転の楽しさは維持 選択肢を整理
最新プラットフォームを採用

どんな感じ?
室内空間は良好 機能性も及第点
しなやかで落ち着いた乗り味
全グレードに充実の装備

「買い」か?
クラス随一の運動性能 独立式サスがおすすめ

スペック
フォード・フォーカスのスペック

どんなクルマ?

運転の楽しさは維持 選択肢を整理

フォードの新型フォーカスは、開発陣によれば「運転の楽しさはかわらず一番」とのことだ。もっともほんとうにそんないい方はしていない。謳い文句としては、いちばん「自信をあたえてくれる、直感的に買ってよかったとドライバーも乗員も感じられるヨーロッパならではの中型ファミリーカー」ということだ。

「一番」とはいうがただひとつだけではなく、この中型ファミリーカーの中にもいくつか選択肢がある。基本の5ドアハッチバックには「ヴィニャーレ」という豪華版もあったりするし、ワゴンや「アクティブ」というクロスオーバーふうモデルもある。

それだけではない。リアサスペンションも、左右独立マルチリンク式と半独立トーションビーム式の2種類にわかれる。市場によっては運動性能をさほど要求されないし、またフォードお得意のコントロールブレードまたはショート&ロングアーム・サスペンションといった独立式よりも半独立式のほうが安くできるのが理由だ。さらにはアダプティブ・ダンパーもオプションで用意される。そうそう、STラインだと車高も標準より10mm下がるのだ。

にもかかわらず、選べる仕様の種類が合計で先代よりも92%も減ったときいておどろきだ。全体数が減って、より意味のある選択肢がふえたということだ。

とにもかくにも、今回は基本形の5ドアハッチバックをご紹介する。4.38mの全長はクラスの平均的な値で、1820mmの全幅は先代とほぼおなじだ。全高は15mm下がり、2701mmと長いホイールベースをもつ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事