2018フォード・フォーカス 初試乗 運転の楽しさ健在

公開 : 2018.07.04 10:30  更新 : 2018.07.04 10:30

「買い」か?

クラス随一の運動性能 独立式サスがおすすめ

これまで述べてきたように、新型フォーカスの競争力はそうとうなものだ。鼻先のバッジがプレミアムメーカーのものではないことは置いておいても、競合他社ができないようなクルマを実用車メーカーが出せることが重要なのだ。

たしかに、フォルクスワーゲン車にはきちんと整った内装がある。キア・シード(新型はアルファベット表記Cee’dからアポストロフィが取れた)はばかばかしいほど長期の保証がつくし、いまや運動性能も隅におけない。しかし、高性能バージョンは別としてフォーカスほど運転の楽しいクルマはおなじクラスには存在しない。

読者の方々にはおわかりだろう。わたしもわかっているつもりだ。おおくのひとはご存じないかもしれないが、乗れば良さはすこしでもわかってくれるはずだ。

まとめると、新型フォーカスはあいかわらずクラス随一の運動性能を秘め、さらに機能性も高まった。おすすめはできるのだが、味の落ちる半独立式リアサスペンションがつく下位グレードの分で星半分をけずらせていただきたい。星評価を4.5点とする。

フォード・フォーカスのスペック

価格 2万5300ポンド(368万円)
全長×全幅×全高
最高速度 222km/h
0-100km/h加速 8.3秒
燃費 18.2km/ℓ
CO2排出量 124g/km
乾燥重量 1369kg
パワートレイン 直列3気筒1497ccターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 181ps/6000rpm
最大トルク 24.5kg-m/1600rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×