2018フォード・フォーカス 初試乗 運転の楽しさ健在

公開 : 2018.07.04 10:30  更新 : 2018.07.04 10:30

しなやかで落ち着いた乗り味

また歴代フォーカスいちばんの美点である、すぐれた運転感覚は健在だ。まず乗ったのは代々受けつぐ凝ったリアサスペンションをもつ181psの1.5ℓ版。6段MTはこれまた新設計だ。車重は1369kgでゴルフといい勝負だが、リアサスがトーションビームになると10kgほど軽くなる。

乗ってみた感じはとてもよく、クラスではベストといえる。先代だって最後までクラストップの座を守りぬいたというのに、この新型はさらにいい。

立ちふるまいはフォード流そのものだ。乗り心地はしなやかで落ちついたもので、サスペンションもよく踏んばるし、ボディの動きにも節度があって荒っぽさを微塵もつたえてこない。一度にいろんな入力をあたえてみても平気の平左でこなすし、すべてはクルマの手の内にある感じだ。

ステアリングは先代よりちょっと軽い気がするし(ドライブモード切替で少しだけなら重くできる)、路面状況を完ぺきにつたえてくるとまではいかないが、緻密で正確なフィーリングだ。

1.5ℓ3気筒エンジンも静かで滑らかだ。ディーゼルでもスポーツカーでもないわりにハイパワーだが、同時に最新のWLTP試験サイクルでCO2排出量124g/kmに燃費18.2km/ℓと、いずれも優れた数値をたたき出すのが売りだ。同クラスのクルマの5年前の水準よりもはるかに魅力的に映るだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事