新型トヨタ・スープラ(A90)、車重1500kgか レクサスFシリーズ並みのトルク

公開 : 2018.07.14 21:10  更新 : 2021.01.28 18:01

前後重量配分は50:50

新型は直6ターボエンジンを採用し、後輪を駆動。多田によれば「リミテッドスリップ・ディファレンシャルを装備し、前後重量配分は50:50」であるという。

さらに彼は、新型がニュートラルなバランスを実現しており、自身がエンジニアリングを指揮したGT86よりも熱中させられるところがあると話している。

「重心はGT86よりも低くしました。ボディ剛性は2倍になっています」

われわれが、新型スープラの市販仕様を目にするのは2019年初頭ということになろう。生産開始は同年春だ。

なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『新型トヨタ・スープラ(A90)、車重1500kgか』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

おすすめ記事