メガーヌR.S.トロフィー登場 300ps 打倒シビック・タイプR 写真18枚

公開 : 2018.07.19 19:24  更新 : 2021.03.05 21:34

新ターボ・タービン 何が違う?

およそ200,000rpmで回転するターボのタービンは、セラミック製のボールベアリングで組み込まれる。これにより重量、フリクションともに3分の1まで低減。新エグゾースト・システムのメカニカル・バルブが切り替わったときに、エンジンのレスポンスが最も高まるという。

それでいながら、最新のユーロ6d TEMPに対応しているのが特徴だ。

トランスミッションは、EDCと6速マニュアルを用意。後者は、最大トルクが41.2kg-mとなる。駆動方式はFFだ。

EDCは、専用マッピングにより変速がクイックになり、直線加速のパフォーマンスが強化されている。現段階ではMT車の0-100km/h加速5.7秒というタイムだけが発表されている。これはR.S.よりも0.1秒速いタイムだ。
 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事