ジェンソン・バトン レースの虜となった数奇な人生 インタビュー

公開 : 2018.08.12 16:10

これからもレースに関わり続ける

「もうF1ドライバーではないにしても、これからもレーサーであることには変わりないよ」と彼はいう。「子供ができても、レースは続けるよ。家の近くでね」

バトンも認めるところだが、もし彼の未来予想図を汚すものがあるとすれば、それは電動パワートレインの台頭だ。彼はこう語る。「勘違いしないでほしいんだけど、ぼくはフォーミュラEは好きだし、存在価値もあるとは思う。だけど、ほかのモータースポーツには賑やかであってほしいな」

「エンジンを回しすぎたときの爆発音やマフラーからの炎が出ないラリークロスなんて想像できるかい? 失うものは大きいよ」

これまでバトンの成功を受けいれなかったひとでも、これからはひとり残らず受けいれることになるだろう。多くのレーサーとは違い、バトンは恵まれた環境で育ってきたわけではない。逆に、大金を手にした多くのレーサーのように、バトンは妬みを持つひとびとの感情を逆撫でするような散財もしてきた。そう、ボートにクルマに豪邸、スーパーモデルとのデート。でもいちばん大事にする友人たちはいつも彼のそばにいたし、バトンに雇われるものもいた。そして栄光を手にしたときには、彼らにも甚だ大きな分け前をほどこしたのだ。

最後に、インタビューを終えてのバトン観を述べておこう。きわめてまっとうな男だが忠節と情熱、そしてたぐいまれな才能にあふれている。レースを愛するものとしては、彼がこの先もレースに関わって行くと聞いて喜ばずにはいられない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事