ジャガー・ランドローバー 99車種投入で全モデル刷新へ 2024年まで

公開 : 2018.08.07 16:10  更新 : 2018.08.07 16:48

スチール製PTAプラットフォーム使用

イヴォーク・エコ・チャンピオンと呼ばれるモデルはプラグインハイブリッドとなり、3気筒のインジニウムディーゼルに300Vハイブリッドシステムが組み合わされる。JLRによれば、これは中国がEV技術で世界をリードするため新たに設定した「新エネルギー車」の基準を上回るものだ。

新しいイヴォークのプラットフォームとトランスミッションは、ランドローバー・ディスカバリー・スポーツやジャガーEペースにも使用される見込みだ。AUTOCARでは、ディスカバリー・スポーツはPTAプラットフォームを使用する2番目のモデルとなると考えている。

ただし、現在のJLRの計画は、将来的にすべてのモデルをMLAプラットフォームに置き換えるというものだ。これは3気筒ターボからEVまであらゆる構成に対応する。MLAのプラグインハイブリッドはモーターが後輪を駆動する4WDシステムが採用されるだろう。

MLAはJLRが現在使用するアルミ製アーキテクチャよりもさらに軽量となり、プラグインハイブリッド化する上では有利になる。このプラットフォームはドイツ勢に対してのリードを築くべく開発され、スロバキアとソリフルで2020年から生産される予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事