新型アウディA7スポーツバックに試乗 A8との関係、2018年型の評価は

公開 : 2018.09.20 11:10  更新 : 2018.09.20 12:13

新型アウディA7スポーツバックの試乗記です。同じタイミングでデビューした新型A8との関係のみならず、大枠でライバルにあたるBMW 6シリーズ・グランツーリスモ、ポルシェ・パナメーラ、メルセデス・ベンツCLSなどとどういった戦いになるかを吉田 匠が評価します。

もくじ

どんなクルマ?
新型A7スポーツバック概要
48Vバッテリー/その他の装備

どんな感じ?
室内の印象/入力に対する反応
全般スポーティ 乗り心地は……

「買い」か?
パナメーラ/6シリーズGTとの位置感覚

スペック
アウディA7スポーツバックのスペック

どんなクルマ?

新型A7スポーツバック概要

7年ぶりにフルモデルチェンジしたアウディA7スポーツバック。それを簡潔に説明すると、同社のフラッグシップサルーンたる新型A8と基本共通するプラットフォームを使った5ドアハッチバッククーペ、ということになる。

ホイールベースはA8より75mm短い2925mm、そこに構築された5ドアハッチバックボディは4975×1910×1405mmというサイズ。

似たようなコンセプトのBMW 6シリーズと比べると、やや短くて、背も低い。それに加えて、デザインテイストの違いもあって、こちらの方が全体にシャープでスポーティな印象を持つ。

日本で通常発売されるA7スポーツバックは、55TFSIクワトロSラインと、55TFSIクワトロ・デビューパッケージの基本2モデル。パワートレインはいずれも3ℓV6ターボで、340psと51.0kg-mを発生、デュアルクラッチの7段Sトロニックを介して、クワトロ4WDを駆動する。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事