試乗 ボウラー・ブルドッグV8SC 見た目は110 575psを手懐けるシャシー

2019.02.20

サマリー

レンジローバー・ディフェンダーのスタイリングをまとったラリーカー、ボウラー・ブルドッグに、レンジローバーSVRのV8エンジンを搭載したら、どんなクルマに仕上がるのでしょう。最高出力575psを手中に収められるのか、もてあそばれるのか、英国の大地に解き放ちました。

もくじ

どんなクルマ? 
公道が不釣り合いな佇まい
外見はディフェンダー110でも、中身は別物
レンジローバー・スポーツSVRと同じV8
どんな感じ? 
驚かされるステアリングの正確性
劇場型ユニットを手懐けるシャシー
並外れたコントロール性能
「買い」か? 
富裕層に受ける可能性もなくはない
スペック
ボウラー・ブルドッグV8SCのスペック

どんなクルマ?

公道が不釣り合いな佇まい

台所の窓から外を覗くと、庭先に置いてある野鳥用の水飲み皿にハゲタカがとまっていたら、目を疑うに違いない。このボウラー・ブルドッグも初めて見ると、そんな感覚に陥る。国道沿いのガソリンスタンドで給油している最中に、このクルマ入ってきたら、間違いなく二度見するだろう。ナンバープレートがついているから、公道の走行が許されているわけだが、そのクルマの佇まいからはにわかに信じがたい。

この最新のV8エンジンを搭載したラリーレイドのプロトタイプの実力を確かめなくても、少なくともクルマの形だけを残したシルエット・レーサーとしては成り立っている。ディフェンダー110とホイールベースが同値で、ボディパネルの一部と直立したフロントガラス、ダッシュボードなどを共有してはいる。しかし、クルマ全体で見ると、その割合は数%といったところ。一方で、ボウラー・ブルドッグはより高級なロードカーとしても見ることができる。

その理由は、ダービーシャーを拠点とするボウラー社は、従業員は40名にも満たず年間の生産可能台数も20台という規模ながら、ブルドッグが丁寧に作られたハンドメイドのクルマだということ。しかも同社は、製造能力を大きく超える高い技術力を備えているのだ。

 
最新試乗記

人気記事