メルセデス・ベンツEクラス E200(BSG搭載モデル)/E300日本導入

公開 : 2019.03.22 18:40

メルセデス・ベンツEクラスの、「E200(BSG搭載モデル)」「E300アバンギャルド・スポーツ」が、日本で受注を開始しました。セダン/ワゴンの両モデルについてご紹介しましょう。

E200アバンギャルド・スポーツ新設定

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツEクラス(セダン/ワゴン)に、BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)/48V電気システムを採用した、「E200アバンギャルド」、「同スポーツ」を導入した。

さらに新エンジン搭載の「E300アバンギャルド・スポーツ」を投入し、いずれも注文受付を開始した。

「E200アバンギャルド」および「E200 4マティック・アバンギャルド」には、新開発の1.5ℓ直4ターボエンジン「M264」「BSG」「48V電気システム」などの新技術を採用した効率性、快適性、高性能化を実現したパワートレインを搭載。

M264エンジンは単体で最高出力184ps、最大トルク28.6kg-mを発生。ターボチャージャーにはツインスクロールシステムを採用したほか、可変バルブタイミングを実現する「カムトロニック」も搭載されており、状況に応じた最適な吸気を実現する。

また、エンジン内部の摩擦低減対策として、メルセデス・ベンツが特許を取得した「CONICSHAPE®(コニックシェイプ)加工」を採用。熱膨張を考慮し、シリンダーウォールが底部に向けてやや広がる形に加工することで、ピストンが熱膨張した際の摩擦を低減
する画期的な新技術だ。

ベルトを介してクランクシャフトと接続される、スターターとジェネレーターを兼ねるモーター、「BSG」と「48V電気システム」は、回生ブレーキなどにより発電した電気を約1kWhのリチウムイオン電池に蓄電し、振動の少ないエンジン始動、滑らかで力強い加速、素早いギアシフトなどの必要に応じて、最大トルク16.3kg-mの動力補助を行う。

E300アバンギャルド・スポーツについても見ていこう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツ Eクラスの人気画像