次期メルセデス・ベンツSL AMGが開発へ 次世代AMG GTと共用

公開 : 2019.04.23 06:10

V8搭載確実 V12希望薄

V型8気筒エンジンを搭載するモデルはSL500 EQブーストだ。SL53と近い出力を持つ4.0ℓV型8気筒エンジンを搭載するが、トルクはこちらの方が大きい。

ラインナップの頂点にはSL63が用意される。2種類のチューニングが用意され、最もパワフルなモデルは4.0ℓV型8気筒エンジンを搭載し、出力はエンジンの608psにモーターの30psが組み合わせられる。

V型12気筒エンジンを搭載するモデルが今後も継続して登場するかは不明だが、SL63が持つポテンシャルを見れば、その可能性は低いだろう。

次期SLの全モデルとも標準でメルセデスの9速ATを搭載し、AMGモデルはより素早いシフトを実現するスピードシフトパッケージが設定される。また、メルセデスは標準の後輪駆動に加え、4マティック方式の4輪駆動を採用すると噂されている。

SLの市場におけるポジションは見直されるが、完全に高級路線を放棄するわけではない。このため、メルセデスのトップティアモデルのような豪華な内装を持つだろう。

また、Sクラス・クーペよりもよりドライバー重視となるが、半自動運転システムのドライブ・パイロットシステムなどのメルセデスが持つ様々な運転支援技術も搭載するとみられる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×