次期メルセデス・ベンツSL AMGが開発へ 次世代AMG GTと共用

公開 : 2019.04.23 06:10

AMGのCEOによると、次期SLクラスはAMG主導で開発するそうです。次世代AMG GTとプラットフォーム/パワートレインを共用。ソフトトップのみの設定となります。

もくじ

次期SL 開発はAMG主導
SLとGT 様々な点で共用
ボディ形状/パワートレイン 変革
V8搭載確実 V12希望薄

次期SL 開発はAMG主導

AMGのトビアス・メアースCEOは、次期型SLが次期型メルセデス-AMG GTと一緒に2021年にローンチされると明かした。

両モデルともアルミニウムを多用した新たなプラットフォーム、モデュラー・スポーツ・アーキテクチャー(MSA)を採用するとみられる。この採用により、メルセデスの2つのモデルのスケールと収益性をより効率的に高めることが可能だ。

AUTOCARは昨年10月に次期型SLについてスクープを報じ、今回メアースがその詳細を確認したということになる。

「わたし達AMGは、SLのDNAをもう一度蘇らせます。今回は今まで以上にスポーティで、ドライビングダイナミクスとクルーザーが持つ快適性の双方が上手く合わさるものになります」と加えた。

AMG部門がSLの開発を担当するのは今回が初めてだ。「SLの開発をAMGが担当することは非常に素晴らしいことです。それには大きな責任が伴いますし、わたしは非常に光栄に思います」とメアースは話した。

それに加え、第8世代のSLは前モデルのようにロードスターの形状のみ提供されるということも明かした。

AUTOCARは以前、次期モデルは前2世代が採用してきた格納式ハードトップの採用を見送り、従来のソフトトップを採用すると報じた。

全体的にもSLは以前よりも軽く、速く、そしてより魅力的になるだろう。これもAMGが開発を担当する理由なのだ。

関連テーマ

人気テーマ