ジャガー Fペース 300ps版の30t Rスポーツ、直4最強のパワーユニット

公開 : 2019.05.05 09:50  更新 : 2019.05.06 21:31

最強の4気筒は簡易的か?

今回のFペース30tのグレードはRスポーツとなる。専用のバンパーやボディ同色のサイドシル、さらにオプションで追加されているクロームパーツのブラックアウト化(ブラックエクステリアパック)といった精悍な外装も魅力だが、それ以上に2色のレザーが使用された専用のスポーツシートを据えた室内がFペースのスポーティな性格を際立たせている。とはいえ30t Rスポーツ試乗のキモとなるのは、本邦のFペースのラインナップに新たに加わった300ps版のパワーユニットの出来ということになるのだろう。

当然のように4気筒モデルはシリーズ中で最も鼻先が軽く、軽快なハンドリングを見せることはこれまでのFペース25t(250ps版)でも確認できている。だが穿った見方をすれば、昨今のモジュラー・エンジンはコンピュータのプログラミングを変えてやるだけで、物理的な設定変更なしに簡易的に出力を変えている場合もある。

あまりクルマに興味のない、ただエンブレムの数字が大きければ満足と言う人にはそれでもいいのかもしれないが、我々はそうではない。さらに、そういった“簡易エンジン”はハイレブ域に到達するまでのフィーリングが下位グレードとあまり変わらなかった例もある。果たして最強のインジニウム4気筒はどうか?

関連テーマ

 
最新試乗記