AUTOCARアワード2019 デザイナー部門 ジル・ヴィダル/プジョー

公開 : 2019.06.01 19:50  更新 : 2019.06.03 08:54

今年、デザイナー部門の栄冠に輝いたのは、プジョーのジル・ヴィダルです。2010年にプジョーへと移籍し、いまではすべてのモデルに彼のデザイン哲学が反映されていますが、目指しているのは、単なる栄光の復活ではなく、現代的な方法での変わらぬ価値の表現です。

もくじ

美しいスタイリング
独自のコンセプト 不変の価値

美しいスタイリング

スイスでデザインを学び、1996年にPSAでキャリアをスタートさせたジル・ヴィダルが、プジョーへ移籍したのは2010年のことであり、いまや新車で販売されているプジョー製モデルのすべてに彼が関わっている。

その最新作が、登場したばかりの新型208であり、このクルマはプジョー製小型モデルの伝統を見事に体現している。「基本的なアイデアは、魅力的な小型ホットハッチを創り出すというものでした」と彼は言う。「決して古いやり方ではなく、もちろん、新たな方法によってです。モノブロックデザインとの決別です」

最新の208は、プジョーの小型モデルに美しいスタイリングが戻ってきたということの証しであり、「年代順に206、207、そして208を並べてみれば、時代とともに、モノブロックのスペース効率を優先したスタイリングが採用されてきたことが分かります。これが1990年代と2000年代のトレンドだったのでしょう」とヴィダルは言う。

「しかし、われわれが最新の208で目指したのは、ボディの各コーナーにタイヤを配置した、驚くほど魅力的でキュートなデザインでした」

これが、ヴィダルがプジョーにもたらしたデザインテーマであり、より多くの技術的要素と、さまざまな価値を備えている。「こうした新たな価値とは、力強いパフォーマンスといったものよりも、より道徳的で論理的なものであり、より技術的で経験に裏打ちされたものなのです」と彼は言う。

一般的なクルマ、特にプジョーのようなモデルでは、真の美しさにあまり関心を払わないようになっていると、ヴィダルは話す。「自動車デザイナーは、スタイリングからデザインそのものに焦点を変える必要があります」と、彼は付け加える。

 

人気記事