メルセデス・ベンツGL350ブルーテックAMGスポーツ

公開 : 2013.06.11 18:48  更新 : 2017.05.13 12:51

■どんなクルマ?

7年ぶりにフルモデルチェンジした第2世代のメルセデス・ベンツのSUV、GLクラス。その7シーター・レイアウトは、レンジローバーに対抗するシュツッガルトの答えでもある。また、アメリカで要求される4WD性能を満たしたこの新しいGLクラスは、アラバマのタスカルーサ工場で生産されることになる。

長さは5mが越え、高さは1.8mを越えるサイズが、しばしばGLクラスのぱっとしないセールスの原因とも言われている。しかし、そのトラックのようなサイズやスタイルは、GLクラスの背負った運命であり、それを変更することは容易ではない。フルモデルチェンジされたGLクラスは、そのヘッドランプやラジエーター・グリルが変更になったことなどが目に付くが、2.5トン級の乾燥重量は大きく変わることがなかった。確かに、アルミニウム合金の多用化などによって、重量は減らされているが、軽量化されたのは僅かに90kgで、それほど劇的な重量減を果たしたわけではない。

むしろ、最大の改善は、エンジンのアップデートにある。今回テストの俎上に上げたGL350ブルーテックは、255bhpを発揮するV6ターボ・ディーゼルだが、その燃費は24%も工場されているのだ。燃費も13.5km/ℓに向上し、CO2排出量はレンジローバー・スポーツの199g/kmには敵わない209g/kmであるが、ユーロ6に対応しているのだ。

GL350は、英国ではその上のグレードとしてGL500とGL63があるため、エントリー・モデルという位置づけで、価格は£59,485(908万円)という設定となっている。その価格には、衛星ナビゲーション、電動テールゲート、ヒーテド・フロント・シート、ヒル・デセント、アクティブ・パーク・アシスト、21インチAMGアロイホイールなどが含まれる。もちろん、4WDである。もし、ランドローバーのようなオフロードでの走破性を求めるのであれば、£1,985(30万円)のオプションとなるが、ロー・レシオ・ギアボックス、強化されたアンダーフロアパン、センター・デフ・ロックなどを装備剃る必要がある。

■どんな感じ?

実際のサイズはあらゆる方向に2、3mm拡大されたに過ぎないが、標準的な英国のパーキングでは、本当に窮屈だ。しかし、その反面、そのサイズによる利点は明白である。大家族のための充分なスペースが室内にあるのだ。バックミラーを覗くと、教会の通路を見渡しているような感覚に襲われるし、現実問題としてヘッドルーム、ショルダー・スペース、レッグ・スペースなどすべてに余裕がある。

オプションで£410(6万円)という価格になるが、絶対に選んでおかなければならないイージー・エントリー・シートは、2列目のシートをボタンひとつで前方に移動でき、3列目のシートへの乗降をスムーズにする。また、すべてのボタンを押せば、2300ℓという巨大なブート・スペースが現れる。

ドライバーズ・シートはメルセデスのクオリティが保たれているのはもちろん、セカンド・シートの住人にとってもプレミアムな雰囲気が保たれていることはいうまでもない。

メーカーは一所懸命にノイズ、バイブレーション、ハーシュネスの改良に取り組んだようだ。Sクラスのような改良とメーカーが主張するまでには至ってはいないが、非常に静かなキャビンが保たれている。最新のランドローバーのようなダイナミックな魅力はないが、指でくるくると回るステアリング・ホイールや、エアサスペンションのフルサポートのある乗り心地などは快適そのもの。ラテラル・スタビライザーを前後のアクスルにプラスするオプションのアクティブ・カーブ・システムを選べば、ロールも本当に小さくなる。

エンジンも柔軟性に溢れ、63.2kg-mのトルクが、3075mmのホイールベースを持つ2455kgのボディをフレキシブルにする。

乗り心地は、B級国道をA級国道に、そして馬車道をB級国道に変化させてしまうと表現したら良いだろうか。本当に寛げる状態をつくりだしてくれた。

■「買い」か?

新しいGLシリーズは、多くのスペース、クオリティ、経済性と、3500kgもの牽引力を持つ能力など、多くの魅力を持ったクルマだ。しかし、レンジーローバーでなくメルセデスのバッジをつけていることが問題なのだ。よほど広いスペースが必要か、ドイツ・クオリティの耐久性が特に好きでない限り、GLクラスがゲイドンからユーザーを奪い返すことは難しいだろう。

(ニック・カケット)

メルセデス・ベンツGL350ブルーテックAMGスポーツ

価格 £59,485(908万円)
最高速度 220km/h
0-100km/h加速 7.9秒
燃費 13.5km/ℓ
CO2排出量 209g/km
乾燥重量 2455kg
エンジン V型6気筒2987ccターボ・ディーゼル
最高出力 255bhp/3600rpm
最大トルク 63.2kg-m/1600-2400rpm
ギアボックス 7速オートマティック

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

試乗記の人気画像