クルマ好きなら1度は味わいたい ポルシェ718ボクスター・スパイダー 試乗

公開 : 2019.08.03 10:10  更新 : 2019.08.03 11:53

ケイマンGT4からルーフを削り取った718ボクスター・スパイダー。その卓越した完成度の高さは、他を寄せ付けないものになっています。一般的なドライバーにとっては扱いやすく、腕の立つドライバーにとっても優れた満足感を与えてくれる、多方面から強い支持を集めるポルシェとなりそうです。

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

もくじ

車重はケイマンGT4と同じ1420kg
インテリアは標準ボクスターと大差なし
人生を豊かにさえしてくれるドライビング
腕の立つドライバーでも満足感ある扱いやすさ
2速は128km/hまでをカバーするロングギア
スパイダーのすべてが魅力で溢れている
ポルシェ718ボクスター・スパイダーのスペック

車重はケイマンGT4と同じ1420kg

先日、ポルシェ718ケイマンGT4についてお伝えしたが、今回はポルシェ718ボクスター・スパイダーだ。一方はサーキット走行を心から楽しめるスター選手であるのに対し、他方は一般道を味わうためのクルマという設定となる。だが、メカニカル的には非常に近いスポーツカーでもある。

これまでの2代に渡っては、ヴァイサッハのポルシェGT部門がエンジニアリングを担当したスパイダーはラインナップされてこなかった。それだけでも今回のスパイダーのエキサイティングな事実だ。10万ポンド(1360万円)を切る価格を付けた、スタイルと実態とが伴ったエキゾチックなクルマでもある。20万ポンド(2720万円)の価格を下げ、911 GT3がベースとなった911スピードスターのJrというわけではない。

ケイマンGT4とボクスター・スパイダーの車重は同じ1420kg。先代のスパイダーは1315kgだったから、スパイダーとしてはかなり重量が増えたことにはなる。だが、基本的なボディパネルやサスペンションのチューニング、調整可能なトー各やキャンバー角、アンチロールバーの硬さまでケイマンGT4と同一だという。

どちらのクルマもフロントは、GT3譲りのダブルウイッシュボーン式サスペンションとダンパーを装備。カーボンセラミック・ブレーキはオプション。試乗車にはかなり大きい鉄製のブレーキディスクが付いていた。ホイールは新デザインの20インチで、タイヤは従来以上に優れたウェット性能を発揮する、新しいトレッドパターンのミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2となる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事