ニュル7分40秒 量産FF最速 300ps 新型ルノー・メガーヌRSトロフィーR 初試乗

公開 : 2019.08.15 09:50  更新 : 2019.08.17 18:38

ルノー・メガーヌの中でも最もホットに加熱されたトロフィーR。最高出力は300psと通常のトロフィとかわりませんが、軽量化によってメガーヌの最高峰として理想的な完成度を得ています。シビック・タイプRのレジスタンスともなるメガーヌ最高峰を、ベルギーで評価しました。

ニュルブルクリンクのタイムは7分40秒1

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

自動車メーカーが生み出すクルマの中には、純粋なドライバーズカーとして正しく仕立てられたものが、数は多くはないが何台か存在する。特にポルシェのGTシリーズや、ミドシップ・フェラーリのスペシャルバージョン、そしてルノーメ・ガーヌのホットモデルなど、AUTOCARの読者なら共感していただけるだろう。

今回紹介する最新のルノー・ガーヌRSトロフィーRも、見事に同じことが当てはまっている事実をレポートできて大変嬉しい。史上最高のFFモデル・トップ10のランキングを見直す時がやってきた。

ルノー・メガーヌRSトロフィーR
ルノー・メガーヌRSトロフィーR

例によって、ドイツ生まれのライバルが打ち出したラップタイムを更新している。ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェのタイムは7分40秒1で、量産FFモデルとしては最速のクルマとなった。しかしトロフィRは最高速を狙うというよりも、ハイスピード・ドライブを楽しむクルマ。

パフォーマンス向上のために、様々な方法を駆使して車重は130kgも削られている。リアシートを省いて25kgのマイナス、フロントシートを軽量なものに交換して14kgの減、ボンネットはカーボンファイバー製になり8kg、チタン製のエグゾーストシステムで7kg、リアワイパーをなくして3kg、リアドア・ガラスを薄くして1kg減など。さらに、車内のタッチモニターの画面サイズを小さくして、250g削っている。

フロントドライブのポルシェ911 GT3 RS

またRSメガーヌ以下のグレードに装備されるアクティブ・リアステアリング・システムが省かれており、少し驚かされた。そのリアサスペンションには軽量なトーションビーム式が採用され、40kg近くを減量。厳しいダイエットの結果獲得した車重は1306kgとなる。

リアステアリング・システムが付かないことで、高速走行時の安定性はやや劣ると思われるが、クルマとの対話性は向上しているはず。また軽量化の効果も加わり、レスポンスの一貫性も高まっていることになる。

ルノー・メガーヌRSトロフィーR
ルノー・メガーヌRSトロフィーR

装備面では、調整式のオーリンズ製デュアルフロー・バルブ・ダンパーに軽量なスプリングを採用。フロントキャンバーは角度が強められた。巨大なリアディフューザーにフロントスプリッターが追加され、空力面の向上も抜かりはない。車高はユーザーが最大で16mmまで下げることもできる。

サーキットでの仕上がりは、まるでフロントドライブのポルシェ911 GT3 RSかのようだ。低められた車高に硬すぎないダンパーの設定が、ポルシェのような流麗なフィーリングと、不足のないグリップとトラクションを生んでいる。

ニュルブルクリンクでのラップレコードを破ったクルマにも装備されていた、カーボンセラミック・ブレーキの装備も可能。しかし高価で生産側にも混乱を招くということで、500台限定のトロフィRながら、納車時に選べるドライバーは30名限り。ルノーによると残りの470名のドライバーも、納車後に希望すれば後付は可能だとのこと。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事