クルマとは動くアート デザイナーに訊く アイデアは映画やゲームから 後編

2019.09.22

サマリー

スティーブ・ジョブス同様、見えないところにも手を抜かないからこそ、素晴らしい作品が出来上がるのであり、そうした拘りには3Dプリンターが強い味方となっています。毎年ネバダ州の砂漠で開催されているというフェスティバルにも興味が尽きません。

もくじ

インスピレーションは至るところから
カギは3Dプリンター ひとびとも理解?
番外編:動く芸術

インスピレーションは至るところから

「大きな荷重が掛かるだけでなく、まるで火星探査機のように砂漠を滑らかに走り廻るからです」と、彼は言う。

このクルマでは、シボレー製ビッグブロック454エンジンにルーツ式スーパーチャージャーを組み合わせており、そのパワーとトルクは630ps、92.6kg-mにも達している。

バリリアン・スチール
バリリアン・スチール

「巨大なまるで蛇のようなベルトがお気に入りです」と、チャンは言う。「次のモデルはアメリカンホットロッドにインスパイアされた作品ですが、実際の車両とは違い、すべてのメカニカルコンポーネントが目視可能です」

チャンは至るところからインスピレーションを得ている。

バリリアン・スチールのエアロダイナミクス性能は、そのフレームやシャシー、さらにはインレットとエグゾーストパイプの影響を受けるとともに、インボード式ブレーキシステムは、チャンが若いころのジャガー(彼はEタイプ、特にイーグル社が徹底的なレストアを行ったモデルがお気に入りだと言う)にインスパイアされたものだ。

一方、チャンにとって3Dプリンターはその作品作りには欠かせない存在となっており、「可能性の世界を広げてくれました」と、彼は言う。

 

人気記事