ミニ・クラブマン改良新型 クーパー/同Sを撮影 LEDテールライトは、ユニオンジャック

公開 : 2019.10.04 22:10  更新 : 2021.10.11 09:25

ミニ・クラブマン改良新型を、実車写真70枚でご紹介します。黒がクーパー、赤がクーパーS。ユニオンジャックを模したテールライトには、意外な苦労も。

日本 世界3位のクラブマン市場

photo: Kazuhide Ueno(上野和秀)

BMW日本法人は、ミニのワゴン・モデルである「クラブマン」の改良新型を発売した。

クラブマンは、それまでのミニのモデルより大きくて、5人が乗れること、上質な色使いとインテリアで人気を獲得。日本は世界で3番目のセールスを記録している重要なマーケットだ。

クーパー・クラブマン
クーパー・クラブマン

その日本で、改良新型クラブマンが披露された。ここでは、発表会場に展示されたクーパー(黒)、クーパーS(赤)の写真をご紹介したい。

発表会に登壇した、ミニ部門でマーケティング・マネージャーを務めるアイリーン・ニッケインは、「(クラブマンは)ジェントルマン向けのクルマ。日本のジェントルマンというのは、人生において上質なものを楽しむヒト。職人の技、細部へのこだわり、品質にこだわるヒト。またクラブマンのお客様が、ディテールにこだわっているということを聞いて本当に嬉しい」と新しいクラブマンを紹介。

「(デザインを率いる)オリバー・ヘイルマンは、ミニ・クラブマンは抑えられた美を体現している、と話しています。これは明らかな明白な美ではなく、繊細にディテールにこだわってデザインされています。真のプレミアム・クオリティ、すなわち品質、上質を現しています。まさに、日本の紳士の方々に適した言葉ではないでしょうか」と日本における人気ぶりを分析した。

左右対称でないユニオンジャック

改良新型のデザインについては、ミニ部門の山口智之 営業部長が、「まったく新しいグリル、まったく新しいヘッドライト。ポジションライトが丸く光り、ウインカーを点灯させるとサークル部分がウインカーとして機能します。そしてLEDのフォグライト、ポジションライトを採用しました」と説明している。

話題は、ユニオンジャックを模したLEDテールライト。実は、ユニオンジャックの旗は、左右対称ではない。それをテールライトとして成立させるために、ミニのデザイナー陣は工夫をこらして、対称に見えるように作ったそうだ。

クーパーSクラブマン
クーパーSクラブマン

ガソリンのエンジンは新しくなったほか、ワン/バッキンガム/クーパー/クーパーSは7速DCTを搭載。クーパーD/クーパーSオール4/クーパーSDは8速オートマティックを採用した。

また、運転支援システムとして、前方車に自動で追従し必要に応じて減速、停止、発進を行うアクティブ・クルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを標準装備。オプションで、リアビューカメラ、パーキング・アシスト、パークディスタンス・コントロールが選択可能となっている。

この記事に関わった人々

  • 上野和秀

    Kazuhide Ueno

    1955年生まれ。気が付けば干支6ラップ目に突入。ネコ・パブリッシングでスクーデリア編集長を務め、のちにカー・マガジン編集委員を担当。現在はフリーランスのモーター・ジャーナリスト/エディター。1950〜60年代のクラシック・フェラーリとアバルトが得意。個人的にもアバルトを常にガレージに収め、現在はフィアット・アバルトOT1300/124で遊んでいる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ミニの人気画像

×