スズキ・ワクスポ、世界初公開 全長3700mm 小型PHEVクーペがワゴンに変身

公開 : 2019.10.23 17:42  更新 : 2019.10.23 17:42

スズキ・ワクスポが世界初公開されました。スイッチひとつで、クーペからワゴンに。発表会場から写真56枚をお届けします。

もくじ

車体後部が変身
インテリアも変身
ワゴン時は広々

車体後部が変身

スズキが、東京モーターショー2019で、「スズキ・ワクスポ」を世界初公開した。スイッチ操作ひとつで、ボディ形状を変えるコンセプトモデルである。

大きな荷物を積みたいときは、ワクワク・スイッチを押すことで、リア・セクションの車体構造がワゴン・スタイルに。クーペ・スタイルでは、パーソナル性と走りの良さを感じさせる、ロングノーズ・プロポーションに姿を変える。

スズキ・ワクスポ
スズキ・ワクスポ

インテリアも変身

内装もボディ形状にあわせて様変わりし、クーペ・スタイルでは、インパネ全体がモニターに。ワゴン・スタイルの時は、助手席側が、木と金属を組み合わせた洗練されたデザインになる。

車体構造としては、Bピラーレス・ボディなので、ドアを開けると大きな開口部が広がる。スズキらしく、小さい車体ながら、荷物の積み下ろし、後席への乗り込みなど、実用性を考慮した設計となっている。

スズキ・ワクスポ
スズキ・ワクスポ

ワゴン時は広々

ボディサイズは、全長3700mm、全幅1650mm、全高1430mmと非常に小さい。乗車定員は、写真の通り4名となる。

レトロな雰囲気もあるワクスポであるが、ドライブトレインはPHEVを採用。どんな走りをするか、楽しみな1台である。

スズキ・ワクスポ
スズキ・ワクスポ

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事