【最強4WDホットハッチは】BMW M135i vs ミニ・クーパー・クラブマンJCW vs メルセデスAMG A35 前編

公開 : 2019.12.07 10:30  更新 : 2021.03.05 21:34

興味深い対決

この事実は同じようなレイアウトを採用したライバルモデルと比較してみれば、誰の目にも明らかだろう。

それぞれ異なる理由からだったが、このテストの計画段階からメルセデスAMG A35 4マティックとミニ・クラブマン・ジョン・クーパー・ワークスこそ、BMW M135i xドライブが市場で成功するには越えなければならない最大の壁になるだろうと考えていた。

ミニに乗り降りするにはこんな姿勢が必要かも知れない。
ミニに乗り降りするにはこんな姿勢が必要かも知れない。

この新型BMWと戦わせるには、A35とクラブマンの2台は決して四輪を駆動する最速ホットハッチとして相応しい存在ではないかも知れない。

だが、ヴォルフスブルクが誇るフォルクスワーゲン・ゴルフRはすでにモデルチェンジ間近であり、8代目ゴルフのトップモデルとなるRの登場にはまだ時間が必要な一方、フォード・フォーカスRSははるか昔にディスコンとなっている。

アウディS3スポーツバックであれば今回の3台に相応しい相手だったかもしれず、RS3を購入できるだけの余裕があればこのクルマこそ間違いのない選択だろう。

だが、それでも非常に多くのメカニカルコンポーネントをわずかに異なる方向性で採用した同じBMWグループ内のライバルモデルと、さらにはよく似た成り立ちを持って同じドイツのメーカーから登場した最新最強のライバルとの比較の方がより興味深いだろうと考えたのだ。

だが、このホットな1シリーズにおける大胆な変化を理解するのに、他の2台との比較が必ずしも必要だったというわけではない。では、なにがこの最小のBMWを特徴づけていたのだろう?

優れたパッケージ

まず驚かされたのが、ミニはもちろん、数多くハッチバックモデルと比べても、驚くほど高く座らせるシートポジションであり、ロングノーズと短いリアオーバーハングが特徴だった先代1シリーズとは比べ物にならないほど余裕のある後席スペースだった。

先代の圧倒的に低く座らせることで落ち着きを感じさせたドライビングポジションと比べれば、まったく別のクルマのようだ。

新型1シリーズが4気筒エンジンを積んだ四輪駆動モデルになったとは言え、その中には多くの楽しみが詰まっている…。 …それでも、その高いシートポジションはこのクルマのスポーティなキャラクターにはそぐわない。
新型1シリーズが4気筒エンジンを積んだ四輪駆動モデルになったとは言え、その中には多くの楽しみが詰まっている…。 …それでも、その高いシートポジションはこのクルマのスポーティなキャラクターにはそぐわない。

実際、ミニのドライビングポジションは他の2台よりもはるかに低く上体を寝かせたものであり、停まったままの状態では圧倒的にスポーティな印象を抱かせる。

スポーティさ以外の面ではBMWのシートがベストと言えたが、高く真っ直ぐに座らせるこのクルマのドライビングポジションは、もっとも走りに対する期待を抱くことの出来ないものだった。

キャビンを見渡せばこのBMWもそれなりの満足を感じさせてくれるが、前席に座ってみれば、使われているマテリアルの高級感や品質、そして全般的な雰囲気でA35が上回る。だが、それも大きな差ではない。

一方、後席に関してはヘッドルームとレッグルームに余裕のあるM135iを直ぐに選びたくなるに違いなく、パッケージに優れていることは明らかだ。

だが、クラブマンも健闘している。乗り込むには多少苦労するが、一旦収まってしまえば前後席ともにそれなりのパッセンジャースペースが確保されている。

現行AクラスやCLAのリアドアを閉めようとすると、しばしば前席シートバックとドアハンドルとの間で、膝に置場に困ることになるがこれは驚くべき事実だ。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ミニの人気画像