【最強4WDホットハッチは】BMW M135i vs ミニ・クーパー・クラブマンJCW vs メルセデスAMG A35 後編

公開 : 2019.12.08 10:50  更新 : 2019.12.08 13:22

番外編:いま手に入れるべき 最高のユーズド四輪駆動ホットハッチ5選

フォルクスワーゲン・ゴルフR

驚くほど控え目で実用的なゴルフRは、素晴らしい運転の楽しみを備えた俊足モデルでもある。

事実、史上もっとも高いオールラウンド性能を誇るパフォーマンスモデルと言えるかも知れない。

フォルクスワーゲン・ゴルフR
フォルクスワーゲン・ゴルフR

1万5000ポンド(212万円)から7代目ゴルフのRモデルを手に入れることが出来るというのは素晴らしいニュースだろう。

アウディRS3

俊足のアウディA3というのは成功が約束されたようなモデルであり、特に後期型であれば400psに達するパワーをボンネットに押し込んでいるとなればなおさらだ。

そして、そんなモデルをわずか2万8000ポンド(396万円)で手に入れることができる。

それでも、活気に欠けたハンドリングと硬すぎる乗り心地に二の足を踏むドライバーもいるかも知れない。

フォード・フォーカスRS

やや扱い辛いかも知れないが、この空力パーツを纏ったRSには350psのパワーとドリフトモードが備わっている。

骨身にこたえる乗り心地とやや難のあるドライビングポジションにもかかわらず、このクルマを好きにならずにはいられないだろう。

2万2000ポンド(311万円)から手に入れることができる。

メルセデスA45 AMG

A35が登場する以前にラインナップされていたのがこのA45だ。控え目すぎるスタイリングにガッカリしないで欲しい。このクルマはトップクラスのパフォーマンスは備えている。

後期モデルでは381psのパワーで0-100km/hを4.6秒で駆け抜けてみせるとともに、ハンドリングも素晴らしい。

価格は2万2000ポンド(311万円)からとなる。

ランチア・デルタ・インテグラーレ

太古のモデルだが、読者のなかにはこのクルマこそが究極のホットハッチだと考えているひとびともいるに違いない。

この四輪駆動のデルタは、控えめなオリジナルモデルをベースに、容赦ない道を舞台にしたラリーウェポンへと変身したのであり、運転して楽しいだけでなく希少性をも備えている。

より迫力あるルックスをしたEvoを手に入れるには3万ポンド(424万円)は覚悟した方が良いだろう。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記