【欧州ディーゼル四駆】600万円台で「買い」はどのクルマ? 独/伊/英3台を日本国内で試乗

2020.02.12

アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.2ターボディーゼルQ4スポーツパッケージ

これほど、違うとは!?

見た目、ハンドリング、乗り心地、そしてディーゼルエンジンの味、すべてに独自性を貫いている。

アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 写真:神村 聖
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 写真:神村 聖

まずは、見た目だ。なんだかとても大きなクルマに感じる。世界市場でミッドサイズクラスのクロスオーバーに属するが、とにかく大きく感じるのはボリューミーかつ官能的なデザインによるものだと、改めて思い知らせた。

走り出して、10秒で、いや2~3秒で「なんだこれ!?」と思えるハンドリングと乗り心地に驚く。

BMW 320d xドライブ・ツーリングMスポーツから乗り換えた後だったこともあり、驚きは大きかった。2車は、180度正反対の性格を持っている。

ステルヴィオは、パワステは軽めの設定だが、バケットシートやステアリングを通じてドライバーに伝達されるタイヤと路面の設置感が、レーシングカーに近い。

同じく、独ニュルブルクリンク育ちのスバルSTIにも通ずるところがある感覚がある。

ディーゼルエンジンは、こうした土台の上で「踊る」感じだ。3つのドライビングモードD/N/Aでディーゼル演舞が変化する様が楽しい。

キャッチフレーズ「虜にする引力がある」に、嘘はない。

アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.2ターボディーゼルQ4スポーツパッケージのスペック

全長:4690mm
全幅:1905mm
全高:1680mm
車両重量:1820kg

直列4気筒ターボディーゼル、排気量2142cc。8速AT。最高出力210ps、最大トルク47.9kg-m。

 
最新試乗記

人気記事