【価格/サイズ/内装/燃費は?】日産ルークス新型、デイズの名にお別れ プロパイロット進化 3/19発売

公開 : 2020.02.25 21:08  更新 : 2020.02.25 21:08

日産の軽スーパーハイト・ワゴン、新型「ルークス」発表。フル・モデルチェンジされ、プロパイロットの進化版を搭載。価格、サイズ、内装、燃費を解説します。

はじめに 新型日産ルークスとは

text:Wataru Shimizudani(清水谷 渉)

日産は軽スーパーハイト・ワゴンのニューモデル「ルークス」を発表、3月19日より発売する。従来型までの車名は「デイズ・ルークス」だったが、今回のモデルからは単に「ルークス」となった。

ルークスは、日産と三菱自の合弁会社である「NMKV」のマネージメントのもとで、日産が企画、開発を行ったモデルだ。三菱での姉妹車は、eKスペースとeKクロス・スペースになる。

X(2WD)ホワイトパール/セレニティゴールド2トーン(特別塗装色)
X(2WD)ホワイトパール/セレニティゴールド2トーン(特別塗装色)

デイズ・ルークス、eKスペースとも共同開発された初代は2014年に販売が開始され、eKスペースはルークスより早く2020年2月6日にフル・モデルチェンジを発表。同時にeKスペース・カスタムに代わりSUVテイストのeKクロス・スペースが登場した。

ルークスは、従来型のデイズ・ルークスと同様、標準車のスタンダード・シリーズとカスタム系の「ハイウェイスター」シリーズを設定する。まずは、その概略を紹介していこう。

日産ルークス新型 外観

新型ルークスのボディ外板は、eKスペースと基本的に同じだが、フロントグリルやバンパーなどのデザインの違いで、うまく差別化がされている。

カスタム系のハイウェイスター・シリーズのエクステリアは、堂々とし、より大きく見えるワイド感と高い質感で「作り込まれた」存在感を放つ。標準車のスタンダード・シリーズは、上品で洗練されたモダンでシンプルなスタイルを実現している。

新型ルークス
新型ルークス

ヘッドライトの脇からリアエンドまで直線的に入れられたキャラクターラインで、前後に突き抜ける骨格の強さを表現。Dピラーの根元が上部に切れ上がっているのも特徴で、ガラスエリアを上下に薄いイメージとして、張りがある厚いボディとのコントラストが、キビキビとした走りを想起させる。

リアコンビランプの形状は、開口部を大きく取るために軽ハイトワゴンではお約束の細身の縦型を採用している。もちろん、リア・サイドドアはスライド式。

2WD車のボディサイズは、全長×全幅×全高が3395×1475×1780mm。

ボディカラーは、2トーンが5色、1トーンが12色の計17種類の多彩なバリエーションが用意され、女性ユーザーにも好まれそうな可愛い色使いも多い。

日産ルークス新型 内装

インテリアは、ハイウェイスター・シリーズでは洗練された空間と直感的な使い勝手で、「きれい」に「楽」に使え、さらにディテールにもこだわり、クラスを超える品質に仕上げられている。

スタンダード・シリーズでは、明るいグレージュの内装色により、包まれるようなリラックス感あふれる室内空間を実現。オプションのインテリアでは、ブラックとモカをベースとしたスタイリッシュなコーディネーションで仕上げられている。

新型ルークスの内装(上)アイボリー、(下)後席ロングスライドの後席を前方スライドした状態
新型ルークスの内装(上)アイボリー、(下)後席ロングスライドの後席を前方スライドした状態

室内は、デイズで好評のプラットフォームを採用したことで、大人4人がゆったりと過ごせるクラス・トップレベルの広いスペースを実現。前後席とも、座った際のひざ回りのスペースを十分に確保している。

後席のニールームは795mmもあり、ゆったりと座ることができ、後席の室内高は1400mmあるので小さな子どもならば立ったまま着替えることも可能だ。

さらに、ラゲッジルームも荷室床面の長さが675mm(リアシートを一番前にセットした状態)と広いスペースを確保したことで、48Lのスーツケースを同時に4個も積載することができる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事